横浜での切削加工なら少数精鋭の加工部隊

図面通りの物を作るだけじゃなく、その先の全体の流れを読み取りながら、加工に反映させていくことが出来ます。少数精鋭だからこそ、加工者一人一人が、図面を渡される前から、加工方法や冶具を考え、事前準備を万端にして、いざ加工をはじめようとする時には既に頭の中には段取りが組まれています。なので、完成までにあたふたすることなく、スムーズに作業を進められます。これは結果的にはリードタイムを縮めることにつながり、効率よく、納期短縮につながっていきます。