切削加工品を横浜でご依頼をご検討の方へご提案

横浜に拠点を置く株式会社関東精密では、小さい会社ながらも今までに数多くの企業様と取引をしてきました。

横浜切削加工の関東精密

横浜で切削加工をする理由とは?

自社周辺等の近隣の協力工場と取引が出来れば何かと便利。
移動距離が近いと時間短縮につながり、ちょっとした打ち合わせや、状況の把握などを気軽に行えるからです。

都心に近いからこそのメリット

横浜は地価も高めで工場をやるには不向きなのでは?と言う疑問も出てきます。
ですが、その分、交通の便が非常に良く、打ち合わせや連絡の頻度、状況把握などの積算時間が大幅に圧縮され、結果的にトータルコスト削減に貢献できるのです。

ですが、いくらホームページで探しても自社とのマッチングが難しく、なかなか良い協力工場が見つからない。と、困っていることが多々あろうかと思います。

切削加工で困っている

それはきっと、場所や設備は問題ないが、加工内容が自社とマッチしない、細かいニュアンスが伝わらない等、お互いの共通言語が少なく、話がイマイチ通じていないのもあるかも知れません。

意思疎通がカギ

(株)関東精密なら、切削加工屋として長年の経験の積み重ねから、様々な金属加工の分野への専門知識や加工知識を持ち合わせているので、共通言語がすぐに導き出せ、会話がスムーズに行えて、打ち合わせがしっかりと出来るのです。

切削と一口に言っても様々な分野があります。樹脂金型のキャビコアの切削だったり、バイクパーツ部品の切削だったり、産業機械の機構部品等々。。。金型の部品であれば、プレス金型なのか、モールド金型なのか、ダイキャスト金型なのか、それらを見極め、ポイントを押さえた切削を行います。
画像の品物はコーン型になっており、テーパー面への加工です。4軸機、もしくは5軸機での加工です。それらをお客様と入念な打ち合わせをして双方納得した上で製作に取り掛かります。

加工ミスへの迅速なフォローアップ

人間、誰しも間違いはあるものです。もちろん極力無くすように日々自己研鑽していますが、それでも日々の事です。加工に対してミスした時にはどんな些細な事でもお客様に報告して指示を仰ぎ行動に移します。

長いお付き合いで信頼関係を築く

そんな細かいことをいちいち言われると面倒だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、長い目で見ると、実はこれがお互いの信頼関係を構築していくのには不可欠な要素なのです。細かいことだからと、報告せずに納品したら、実は重要なところで不良品だった。など、お客様それぞれにポイントが違います。問題が起こりうることを事前に報告していくことで、お客さまとの関係を築いていけば、後々、お互いが楽に事が運び、結果、目に見えないコストを抑えることが出来るのです。

切削加工の依頼する際の手順は>>